忍者ブログ
1234567
今日から下の子の学校が始まりました!
昨夜は、宿題の仕上げに付き合っていて^^;
上の子の宿題がまだ終わっていないので(毎日塾で、塾の課題に追われてました)、今週はそれに付き合うことになりそうです。

すぐに下の子の林間学校があり、その準備もしないといけません~(>_<)
PTA活動も再開で、それに加えていろいろと……。
今年は諸々重なるなぁ……(愚痴ですね、すみません)。


でも、今日はアンドレのお誕生日なので、少しでも何かしたいなぁと。
気持ちだけでも、お祝いを。

アンドレ、お誕生日おめでとうございます。

短い恋人期間でしたが、きっとこんな穏やかなひとときがあったと思いたいです。
そんな願いを込めて。


※ だいぶ前に線画だけ描いてあったものに、すごーーーくラフに色を塗ったものです。
「それでも、見てやろうじゃないの」と思う方だけ、リンクをクリックして下さい。
いつか、ちゃんと仕上げたいです。





PR
↓ の「アンドレ・グランディエ」特集号の撮影中です。

コメント頂いた方、サマードレス(イメージ違ったら、ごめんなさいm(_ _)m)描いちゃいました~。

若干、後方注意の内容ですので、確認してから開いて下さい♪


このところ、「マーガレット」で新エピソードがお披露目されたり、イベント・出版物が多いので、思いつきました。
日本発売か、仏発売かは、わかりません^^;


О「何、おまえ、女性誌のグラビアを飾るのか!?」
A「新人時代にお世話になった編集者に、どうしてもって頼まれて、断れなくてさ……」
企画書を読むОさま。
О「”恋愛成就の秘訣”……”気鋭の作家アンドレ・グランディエ氏に聞く”……”グラビアイメージは、G氏と美女が恋人同士のように寄り添い―”………………」
A「べ、別に、周りにたくさん人がいるんだしっ、やましいことは……」
О「……たしがやる……」
A「は?」
О「わたしがじきじきに、おまえの相手役を務めてやると言っているのだ!
ノーギャラならば、文句はあるまい



――というわけで、顔出しNGでアンドレの相手役に……なんて寸劇が頭に浮かびました^^;

この後、オスカルさまの方が、「謎の美女」として話題になっちゃったり(でも、見る人が見れば分かる(笑))、アンドレは雑誌やCM出演のオファーを断るのに苦労したり、なんてことも、あるかもしれませんね。


まさに、単なるオモイツキで、失礼いたしましたm(_ _)m


今年の桜は散ってしまっても
あきらめなければ
いつか




ワシントンの桜が見頃だとニュースで見ました。

パリにも桜の名所があるのかな、と調べてみたところ、パリから南へ下った郊外に、ソー公園(parc de Sceaux)という所があるとのこと。
wikipediaを見たら、設計は、ル・ノートル!
ル・ノートルと言えば、ヴェルサイユ宮の庭園も手がけた造園家ではないですか~!!
ルイ14世の財務総監を務めたコルベールの巨大なシャトーの一部が残っているそうです。
そんなところに桜の名所が。



パリ郊外の桜の名所、Parc de Sceaux;パルク デュ ソー
(↑クリックすると、youtube に投稿された動画に飛びます)


下で子犬を描いたので。

A「あっこら!」
О「ふふ…ぼくの方が好きみたいだぞ」

ちび猫が飛びつくには、ちょっと距離がありますが、アンドレの肩まで這い登ってオスカルさまの頭にジャンプしたということで……^^;


ジャルジェ家でペットとして飼っているなら、きっとシャム猫とかペルシャとか、もっと毛並みのいい子かもしれませんが、ネズミ退治用に飼っていた猫もいたかも?



春は喜ばしい季節のはずが、近年は花粉や微小粒子状物質の飛散などで、外に出るのが怖いという……。
今日も急に辺りが黄色っぽくなって驚いていたら、外で遊んでいた息子が慌てて帰って来ました。

18世紀のフランスは現代では考えられないほど衛生的でなかったそうですが、環境面では今よりずっと良好でしたよね。

子供の頃の二人の遊び、外遊びが多かったでしょうか?
  top  
忍者ブログ [PR]