忍者ブログ
1234567
バレンタインまでに仕上げたかったのですが……。

現代物OKという方のみ、リンクをクリックしてご覧下さい。



PR


12月8日はアランのお誕生日でしたね。
ちゃんと覚えてはいたんですが、今年は何かする余裕がありませんでした(T_T)

その代わりと言っては何ですが、妹さんです。

ロザリーも可憐なイメージで、パリの街で貧しい暮らしをしていましたが、同様なタイプで同じような境遇でありながら、彼女はきっとお兄さんに護られながら大きくなったのだと思います。
だから、ロザリーほどの芯の強さはなくて、結果、悲しい最期を選んでしまいましたが……。

アランは大反対だったかもしれませんが、衛兵隊の誰かとつつましやかな家庭を築いていたら――なんて思わずにはいられません。

休暇が11月下旬から2週間なので、おそらく11月末~12月初旬に亡くなっているのですよね。
ちょうどアランのお誕生日の頃と思うと、ことさら悲しくなります。


ディアンヌは、幸せな結婚に胸を膨らませることで、当時結婚話が出ていたオスカルさまの心を揺らす役割と、その最期によって、平民やそれに近いレベルの暮らしをしていた下級貴族の悲劇(革命の原動力のひとつ)を知らしめる役目を果たしていると思いますが、「ベルばら」は、一人のキャラクターが複数の役割をもっているところが、スゴイなと思います。
今日から下の子の学校が始まりました!
昨夜は、宿題の仕上げに付き合っていて^^;
上の子の宿題がまだ終わっていないので(毎日塾で、塾の課題に追われてました)、今週はそれに付き合うことになりそうです。

すぐに下の子の林間学校があり、その準備もしないといけません~(>_<)
PTA活動も再開で、それに加えていろいろと……。
今年は諸々重なるなぁ……(愚痴ですね、すみません)。


でも、今日はアンドレのお誕生日なので、少しでも何かしたいなぁと。
気持ちだけでも、お祝いを。

アンドレ、お誕生日おめでとうございます。

短い恋人期間でしたが、きっとこんな穏やかなひとときがあったと思いたいです。
そんな願いを込めて。


※ だいぶ前に線画だけ描いてあったものに、すごーーーくラフに色を塗ったものです。
「それでも、見てやろうじゃないの」と思う方だけ、リンクをクリックして下さい。
いつか、ちゃんと仕上げたいです。





↓ の「アンドレ・グランディエ」特集号の撮影中です。

コメント頂いた方、サマードレス(イメージ違ったら、ごめんなさいm(_ _)m)描いちゃいました~。

若干、後方注意の内容ですので、確認してから開いて下さい♪


このところ、「マーガレット」で新エピソードがお披露目されたり、イベント・出版物が多いので、思いつきました。
日本発売か、仏発売かは、わかりません^^;


О「何、おまえ、女性誌のグラビアを飾るのか!?」
A「新人時代にお世話になった編集者に、どうしてもって頼まれて、断れなくてさ……」
企画書を読むОさま。
О「”恋愛成就の秘訣”……”気鋭の作家アンドレ・グランディエ氏に聞く”……”グラビアイメージは、G氏と美女が恋人同士のように寄り添い―”………………」
A「べ、別に、周りにたくさん人がいるんだしっ、やましいことは……」
О「……たしがやる……」
A「は?」
О「わたしがじきじきに、おまえの相手役を務めてやると言っているのだ!
ノーギャラならば、文句はあるまい



――というわけで、顔出しNGでアンドレの相手役に……なんて寸劇が頭に浮かびました^^;

この後、オスカルさまの方が、「謎の美女」として話題になっちゃったり(でも、見る人が見れば分かる(笑))、アンドレは雑誌やCM出演のオファーを断るのに苦労したり、なんてことも、あるかもしれませんね。


まさに、単なるオモイツキで、失礼いたしましたm(_ _)m
  top  
忍者ブログ [PR]