忍者ブログ
123456




両思いになった後も公私混同はしなかった二人だと思いますが、オスカルさまがプレッシャーを感じていたりする時は、こんなこともあったんじゃないかなぁ……いや、あったと思いたいです!


お誕生日おめでとう、アンドレ。




二次創作初めて以来、毎年、ギリギリでのお祝いですけど^^;



連載SSのつづき、それからキリリク作品も鋭意準備中です!
もう少しお待ちくださいませm(_ _)m
PR



全国的に気温が高く、台風5号が日本列島を縦断するコースを取る恐れ(近年の台風はこのコースが多いですね)がありますが、どうぞ皆様、くれぐれもお気を付けになって下さいませ。




*---------------------------------------------------------------*

オスカルさまの部屋にいる二人はよく出て来ますが、アンドレの部屋にオスカルさまが行くというシーンは原作にはないですよね。
たぶん、用があれば呼ぶからだと思いますが、子供の頃なら、アンドレの部屋にこっそり遊びに行ったりはあったと思います。
後で、おばあちゃんに怒られる(アンドレが主に)としても。

想いが通じ合った後は、彼の部屋になど行ったら、アンドレの抑えがきかなくなるやもしれませんから、絶対に行かなかったとは思いますが、妄想で一枚(笑)


※描き終ってから気づいたのですが、現在のTOP絵とほとんど同じ構図ですね~(笑)
 描きやすいからかな(^_^;
 それと微妙な距離感が好きなのもあると思います。

*----------------------------------------------------------------*

もう6月ですね。
今年も半分が過ぎてしまいました。

ベル好きにとっては、胸ざわつく季節到来でございます。


7月の三が日辺りに、更新したいなと思いつつ、まだ構想段階ですが、考えております。



今年は展覧会からコラボまで、各方面で展開を見せている「ベルサイユのばら」。

横浜大世界のアートリック・ミュージアムでは、アンドレの”壁ドン”も登場。
グリコのチョコレート菓子の個包装には、”お姫様抱っこ”、”壁ドン”、”耳つぶ”、”なろ抱き”、”はい、あーん”などの、女子が胸キュンするシチュエーションが原画の再構成で描かれていました。

ちょっと検索してみたところ、詳しい解説をしている、まとめサイトさんがありました。

↓ こちらのサイトです 


壁ドンを上回る人気?今年は「なろ抱き」がくるらしい






ところで。





再構成しなくても、原作にしっかりありますよね、この要素たち!











※袖クルは、上のまとめサイトさんの写真を参考にさせていただきました。
 画力が画力だけに、まあ、あまり似てないんですけど……^^;
 アンドレのシャツを借りたオスカルさまです。どういう経緯でそうなったのかは、ご想像にお任せいたします。
 
クリックすると、大きな画像が見られます。



上二つは女性同士ですが、オスカルさまにしていただけたら、心臓バクバクです。



”はい、あーん”は、アンドレがル・ルーにしていましたっけ~。

お姫様だっこは何か所もありましたしね。



恋愛、友情、親子愛、政治、謀略、スキャンダル、生と死……。

人生で出会うことが全て詰まっているような「ベルサイユのばら」には、女性をときめかせる要素も詰まっているんですね~!


やっぱりすごいマンガです!




5月1日からは、日清のどん兵衛とのコラボ商品が販売されるとか。

どこまで行くのか、今年の「ベルサイユのばら」…………。


↓ どん兵衛とのコラボ詳細はこちら

どん兵衛が "ベルばら" とコラボ!「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」6品を2017年5月1日(月)に発売


普段、関東では買えない関西風のどん兵衛は食べてみたいかも。









こちらのコーナーに絵を上げるのも久しぶりでございます。
不器用で何事も時間をかけないと出来ない性質、更新間隔が開いておりますが、拍手やメッセージでの励まし、いつもありがとうございます。
細く長くつづけて参りますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m






小さい頃、好きでした、ぬりえ。

数年前に出た、ベルサイユのばらぬりえのビギナー編とアドバンス編(上掲写真の下2冊)を購入していたので、今月出たぬりえは「もういいかな」と思って買わないつもりだったのですが。
手に入ってしまいました。
誕生日が近いということで、友達がプレゼントしてくれて。


前の2冊は、主に表紙絵や1枚イラスト中心で、カードや封筒として利用できるパターンなどがあったのですが、今回はコマ絵が取り上げられていて、原作のあの場面を塗れるということで、ちょっとテンション上がるものがありました。






思い起こせば、小学校低学年で初めて買ったマンガの単行本が「ベルサイユのばら」1巻で、何度も何度も読み返した上、ぬりえみたいなこともしていたんです。
なぜか、登場人物の女性陣の唇を赤く塗っていました。
なぜ口紅を差したのか、今となっては自分のことなのに謎ですが、それまで読んでいた子供向けの本の挿絵がカラーが多かったので、白黒のマンガに何か物足りなさを感じていたのかもしれません。






久しぶりに童心に返って、思うままに塗ってみようかな。

  top  
忍者ブログ [PR]